タグ '障碍のこと'

RSS

働く障碍者に光を「はーとふるメッセ実りの集い2012」の様子です♪

 

販売部門大賞「千葉ロッテマリーンズ大賞」を頂いた後のスピーチの様子です。
ここはどうぞ私(長浜)ではなく、一緒に壇上に上がったはぁもにぃ児童デイサービス利用児童最年長にして、
NO1イケメンT君の堂々とした立ち居振る舞いとあいさつにご注目下さい♪
後日「彼がよかったよね~♡」と、その場に居合わせたおばさま達から大絶賛でした♡

 

販売部門で受賞経験のある施設のブースの様子です。
もちろん「お菓子工房 はぁもにぃ&Community Cafe ♭(ふらっと)」も出店しています♪
この日は♭(ふらっと)の貴重な戦力!もともとはお客様・・・でも今はボランティアメンバーとして 活躍
してくれている若者3名と店舗マネージャー青山の最強メンバー♡
もちろん(ほぼ)完売でした♪♪

 

 

 

働く障碍者に光を!「はーとふるメッセ実りの集い2012」で「千葉ロッテマリーンズ大賞」を頂きました♪

大賞受賞記念撮影?はぁもにぃ利用児童達とマー君、チーバ君♡

このイベントでは受賞経験のある福祉施設のブース販売も同時開催されました。
もちろんCommunity Cafe ♭(ふらっと)&お菓子工房はぁもにぃも出店♪
この日はボランティアメンバーの若者達が販売を手伝ってくれたおかげで、ブースに花が咲き?商品が
大いに売れました(^^)v

・・・・・…・…・・…・…・・…・…・・…・…・・…・…・・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年は、販売部門で最優秀賞「千葉ロッテマリーンズ大賞を頂くことができました。

明日、千葉テレビ「ウィークリー千葉県」で「はーとふるメッセ実りの集い」の様子が放映されるそうです

(3月10日夜10時)

 

この4月ではぁもにぃを立ち上げてからちょうど丸5年を迎えます。

きっかけは、広汎性発達障碍の特性を持ち千葉市内小学校特別支援学級に通っている娘(当時小1)の
担任教諭の一言でした。

「先に逝く私達は、この子達に一体何を残せばいいのか?」の問いに先生が下さった答えです。

「この子達に必要なものは家やお金といった資産ではないと思います。共に過ごせる仲間と彼らを支援
してくれる人達、そして居場所なんだと思います。」

さらに先生はおっしゃいました。

「毎年生まれてくる命の中には、一定のパーセンテージで障碍を持つ子どもたちがいます。 彼らは誰かは必ず
引き受けなければならない、でも誰も引き受けたがらないそれを
『僕が(私が)引き受けます!』
と名乗りを上げてくれたのだと思います。
素晴らしい子ども達だと思いませんか?
優しい子ども達だと思いませんか?
だから私は心のそこから彼らを尊敬しています。」

この言葉を聞いた時から、私の中で我が子が障碍を持って生まれた意味が大きく変わっていきました。

はぁもにぃのミッションです。

「知ってもらうこと」
発達障害や知的障害は目に見えません。
だから彼らは理解されにくく、その特性を知らない人達から受け入れてもらうことが難しい現状があります。
でも彼らを知るとそんな現状は一変します。
皆が彼らを好きになります。
純粋で一生懸命な彼らと一緒にいることで、 逆に元気をもらったり癒されたり・・・
はぁもにぃのミッションは、そんな彼らの魅力を 皆さんに伝えていくことだと思っています。

障碍のある人もない人も、あるのは優劣ではなく ただ違いだけ・・・

誰もがそれぞれの違いを認め合い、助け合い、時に補い合うことが出来たら・・・

半径20キロ圏内からの真のノーマライゼーション社会を目指して
次世代に向けて 皆が幸せを感じる街づくりをしていきたい

今回大賞を頂いた「地域の方達と障碍のある方達との架け橋になりたい」 Community Café ♭(ふらっと)は、
はぁもにぃの思いを伝える場所であり、 「就労支援プロジェクト」お菓子工房 はぁもにぃで 作られるお菓子は
思いを伝える商品です。

それと同時に、困難な障碍を引き受けて生れてきてくれた彼らに対する感謝と彼らの頑張りに報いる場所
でもあります。

一生懸命頑張った彼らの一カ月の働きが、決して現況のような低工賃であってはならないんです。

はぁもにぃではこう考えています。
「私達が始めた試みが成功のビジネスモデルになれたら・・・」
「そのノウハウを皆で共有して、願いを実現することが出来るのではないか?」

まだまだ発展途上の弱小NPOの身で言えることではありませんが、実現させていきたい大きな夢であり、目標です。

今回、賞を頂いたことで「我々の目指す方向性は間違っていないんだ!」との思いをさらに強くすることが
できました。

来年度、はぁもにぃは新たな一歩を踏み出します。

次世代のにむけて、「就労継続支援AB多機能型事所」を開業する予定です。

新しいステージで、その目標の実現に向けて頑張っていきたいと思います。

「発達及び知的障碍児・者を支援する会」 特定非営利活動法人 はぁもにぃ 理事長 長浜 光子

はぁもにぃボランティアスタッフ・Yさんは、青年塾そらでも大活躍です(^^)v

「就労支援プロジェクト」お菓子工房 はぁもにぃは、24年度に障害福祉サービス事業「就労継続支援B型事業所」
に転換するため拠点をはぁもにぃ本体事業所(千葉市緑区平山町)から、ある意味地元?の千葉市緑区土気町
(JR土気駅北口徒歩1分)に、移すことになりました♪

3階建てのビルの2~3階部分を使ってサービス提供の場としますが、1階には娘の恩師であり、はぁもにぃの
副理事長としてもお力を貸して下さっている鵜山 恵理子先生が、10月にOPENさせたNPO法人青年塾そらの
コミュニティサロンがあります♪

コミュニティサロン「そら」は障害福祉サービス事業「地域活動支援センター」への転換を目指し活動中ですが、
通ってくるメンバーの中には、はぁもにぃでも週2回有償ボランティアスタッとして活躍してくれている
Yさんの姿が!

何と今日「そら」で珈琲を注文すると、Yさんが写真にある通り超カッコよく珈琲を入れてくれました!!

ドリップは中々上手に入れるのが難しいと思うのですが、Yさんの珈琲は彼の人柄が表れる優しい仕上がり♡

いつも性格そのままに濃く仕上がる私の珈琲より、美味しかったです(>_<)

Yさん、ごちそうさま♪

NHK「ハートをつなごう」に出演された映画「ちづる」の赤崎監督を見て・・・

NHK「ハートをつなごう」に、映画「ちづる」の赤崎監督が出演されるというので、

息子(高2AS男子)と見ました。

赤崎監督と他にも兄弟姉妹の方が、出演され、苦悩や思いを語っていらっしゃいました。

皆一様に「自分はイイ子でいなくてはいけないと思った」

子どもらしいわがままを言えずに、友達にも周囲にも、障碍を持った兄弟姉妹達のことを

話すこともできず(時に話さない選択をしていたようだけど)

画面から伝わるのは、やはり閉そく感・・・

下手をすると、親よりも長い時間を、彼らと過ごす可能性のある兄弟姉妹達・・・

そういえば随分前息子に「悠夏(小6PDD女子)のことは、あなたの負担にならないように、

準備していくから、考えなくてもいいんだよ?」と言った時

「でも、現実問題そうはいかないでしょ?自分なりに面倒見ていこうと思ってるから!」

・・・ですよね・・・もっともその後

「ママの事は将来面倒見ようとか全く考えてないからね!」

さすがAS!もちろん承知してるから大丈夫!

・・・にしても、障碍を持つ兄弟姉妹のことはやはり友達や周囲に話しにくいのかな・・・?

私(親)はかなり自慢(だって可愛いし、面白い!面倒なことも多々あるけどね(>_<))

なので、いつでも話題にしてしまうし、むしろ知ってほしいので障碍についても積極的に語ってしまう・・・

参考にならないと思いながら、息子にも聞いてみると

「まず可愛いとか思ってないしね!隠すつもりはまるでないけど、積極的に話すことも

ないでしょ!普通自分の兄弟姉妹のことなんかそんな話さないでしょ?」

お~自然体・・・

その通りだね・・・自閉症スペクトラムの特性を持つ子ども達の最も好きなところは

この「公平さ」・・・

世の中の常識とか社会通念にとらわることなく、自分の好きか嫌いか、したいかしたくないか

・・・これが唯一無二の重要な判断基準になるところ?

・・・それが困った結果を引き起こすことも多々あるけれど、やっぱりいいなぁ

私と息子の能天気な見解は置いておいて

障碍児を持つ兄弟姉妹の心のケアは、真剣に取り組む問題だと改めて、痛切に感じました(>_<)

映画「海洋天堂」予告編・・・これはきます・・・

 

アクション俳優のジェット・リーさんが自閉症の青年の父親役を演​じています。

はぁもにぃのスタッフ・Sさんからのシェアです。

はぁもにぃのスタッフは全員女性で、常勤・非常勤合わせて19名​。

そのうち10名が私(長浜)と同じく当事者保護者の立場にあります。

私と副理事長・関がはぁもにぃを立ち上げた思いが、この予告編で見られる父の思いと重なります・・・

本編は見ていませんが、この予告編だけでも十分きました・・・