お菓子工房はぁもにぃショップコーナーではギフト注文もお受けしています。

57920833_th61147685_th52931168_th

 

 

暑い日が続きますね(^_^;)

疲れた時には、口にするものも、ただおいしいというだけでなく
体も心も癒す、お菓子工房はぁもにぃのスイーツはいかがですか?

先日スイーツギフトをご注文くださったお客様から
こんなうれしいご感想をいただきました!(^^)!

「こんにちは。
先日、お菓子を送って頂いた、Tです。
感想です。
正直、驚きました。これ程、完成度の高いお菓子とは思っていませんでした。
以前、プリンをいただいた時も「凄い」と思いましたが・・・。

「おからクッキー」は息子の大好物になりました。香り・歯ごたえ、絶品です。
「ごまときなこのフロランタン」はごま好きにはたまりませんw。
「ほうじ茶のマドレーヌ」を包みを確認せず、口にしたら・・・「あっ!」香りが生きてますね。
「大納言のパウンドケーキ」も小豆の歯ごたえが良かったです。
同包のフレーバーティーもこの季節に相応しい味でした。
お菓子の包装・箱も良いですね。(欠点が見つかりません)

本当にこの値段で良いのですか?
お菓子のグレード・送料を考えると、もっと料金設定が高くても私は納得します。
味にうるさい自閉症の息子は次回を今から待っています。

皆さんの努力・研究、そして職人さん達の技に感謝致します。
千葉から遠い秋田で、こんな優しくて美味しいお菓子をいただけて嬉しいです。
次回を楽しみに待っています。
時節柄、ご自愛下さいませ。

Tさん、ありがとうございます!
お菓子工房のお菓子は小さな職人さんたち(障碍という困難な特性を引き受け生まれて
くてれた当事者の方たち)が真心こめて一つ一つ丁寧に作り上げています。

普段使いはもちろんご注文いただければ、ギフト対応もさせていただきます。
(一部ご注文を受けてから商品を製造させていただくものもございます。)

お中元シーズン真っ只中のいま、ぜひお使いたてくださいませ(#^.^#)

*WEBでもご注文承っております♪
http://okashikoubou.com/

3周年記念イベント:7月4日(木)~7月14日(月)映画「うまれる」上映会開催♪

7月4日(木)~7月14日(月)まで、Community Cafe ♭(ふらっと)、就労支援プロジェクトお菓子工房はぁもにぃ
コミュニティサロンそらの3か所にて映画「うまれる」上映会を開催します。

「(障碍の有無に関係なく)誰もが肯定されて生まれてきたんだ」
そのことを皆に伝えたい・・・
特に小中高生といった多感な時期の子どもたちに伝えることが出来たら・・・

1月26日に土気あすみが丘プラザで開催した映画「うまれる」上映会
の収益を同地区での学校上映会つなげていくために使いたいと
あの時立ち上がったつながる街土気~とけ・com・リンク~有志メンバーと
企画した2週間の上映会イベント。

まず地元中高大学生に映画を実際に観てもらい、彼ら自身が同世代の
子どもたちの為に上映会を企画してもらえたら、前回の収益金と
今回の収益金をそこ使ってもらいたい。

今回は1回限りではなく、3か所で複数回、そして少人数での上映会となります。
個人でのお申し込みはもちろん、グループ(5名以上で貸切OK)での申し込み
も受け付けております。(1回5名以上)

♭の上映会はランチ・ドリンク・スイーツ付き1800円とドリンク・スイーツ付き1300円
工房での上映会は参加費800円(♭仕出し弁当を付けることもできます!1週間前要予約)
そらドリンク付き1000円

詳細は♭までお問い合わせください。
043-497-4375

20130615133946648_0001

 

土気サタデーマーケット出展者交流会in就労支援プロジェクトお菓子工房 はぁもにぃ

img_thumbnail_101

♭(ふらっと)店舗内には「就労支援プロジェクトお菓子工房はぁもにぃ」
SHOPあります。

♭(ふらっと)ランチデザートに出されている「プリンセスぷりん」
(千産千消なめらかこくまろプリン♡)や美味しい焼き菓子達は
緑区土気駅北口徒歩1分のところにある就労継続支援はぁもにぃ事業所
(就労継続支援事業A型)内の工房で、利用者さん達が不器用ながらも
一つ一つ丁寧に心を込めて作らせて頂いています(^^♪

CafeもSHOPもありませんが、そこは地域の方達のコミュニティの場として
休みの日や営業時間外に色んな使い方をされています♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日雨天の為、「土気スポーツマーケット」が中止に(>_<)

とはいえ、出展者も準備を色々しているということで、急遽交流会が
開催されることになり、就労支援プロジェクトお菓子工房はぁもにぃが
会場に♪

出展メンバー達が用意したちまきや野菜たっぷりホットドッグに
野菜スープ+飲み物はワンコインで提供され、
1階「コミュニティサロンそら」さん、そして「就労支援プロジェクト
お菓子工房はぁもにぃ」のお菓子は会場で販売
(ここは利用者さん達の工賃(給与)原資となるのでありがたく)♪♪

障碍のある人もない人も、赤ちゃんから中高年、男性、女性関係
なく楽しめる、土気サタデーマーケットのゆる楽しい雰囲気がそのままの
交流会となり、
マーケット開催時間と同じ10:00~16:00(最終18:30)開催時間
にぎわったお菓子工房でした(^^♪

その様子は下記URLにて御覧下さいね!(^^)!

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.456773407739761.1073741830.167818449968593&type=1&l=845ef0f6d6

お手紙を頂きました(#^.^#)

今年1月に開業した就労継続支援はぁもにぃ(就労継続支援事業A型)の開業を
記念して開催した「春の和&輪~き・み・と~」(3月23日)

そのイベントに参加してくださった当事者の方からお手紙を頂きました。

いつも彼らと接する度に思うことですが、幸せや喜びをもらっているのは
間違いなくこちらの方だということ。

純粋で一生懸命な彼らと接すると、いつもこちらが元気をもらったり
励まされたり、癒されたり・・・

素晴らしいギフト(手紙)をありがとうございます!

この手紙を頂けただけでも、イベントを開催した意義がありました(#^.^#)

「春暖の候、ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
3月23日のイベントに、3人で参加させていただいた際、 ご気づかいとお世話になりました。
私達障害ある為、なかなか他の施設のイベントには、   参加する機会はあまり有りません。
土気駅も近いので、参加することができました。
楽しい一時を送る事ができました。
また、職員の方々の優しさに触れて、   心が温かくなりました。
有難うございました。」

障碍特性を持つ方達と共に働くということ

今年度から障碍者の法定雇用率が2.0%に上がりました。

昨年1年間に新たに一般就労された障碍者の方は確か6万人、 法定雇用率が
引き上げられた今年度はさらに一般就労者数は さらに増加すると思われます。

喜ばしい事実である半面、年間の離職者数も年々増加しています。
昨年度では4万人近くいたのではないでしょうか。

その一般就労されている当事者の方の離職理由のNO1はなんだと思いますか?

「上司が変わったことにより職場で理解や支援が得にくくなり、居ずらくなって辞める」 なんです。

今年1月からはぁもにぃでは就労継続支援事業A型のサービス提供を始めましたが、
一般就労をされている当事者の方が同様の理由で継続が厳しくなり、
福祉就労に 切り替えたいとご相談にこられるケースが何件かありました。

知的障碍や発達障碍の方を雇用している企業等では、一人の上司頼みではなく、
部署全体、組織全体で理解をしていて、彼らが持てる力を最大限に発揮できる ような
サポート体制をとれているところはまだまだ多くないのが現状です。

彼らは一つずつ超スモールステップで、時間をかけ、じっくり取り組んでいった時、
出来ることはちゃんとありますが、習得するまでに何倍も何十倍も時間がかかるし、
応用がきかないので、これが出来たから、(似たようなことだから)あれもできるだろう
とは中々なりません。

でも部署全体、組織全体でそこを理解し、サポートする体制を作れたら、
不器用 ながらもまじめに一生懸命に取り組む彼らに姿に、職場のモチベーションも上がり、
サービスの質も向上し、お客様からも喜ばれ、結果業績も上がる・・・もちろん そこに至るまでには
相応の時間はかかりますが、実証してくれている企業も 少ないですが確かに存在します。

根底にあるのは、障碍の有無に関係なく、誰に対してもそれぞれの違いを認め、 理解し合い、
寄り添い合い、補い合い、支え合うという姿勢をその企業が持って いるということ。

そしてその上で企業として望む成果を上げるという仕組みや力を身につけている

 ということなんだと思います。

では何をしたらそういう姿勢を、仕組みや力を企業が持てるようになるのか?

トップの意識や姿勢がまずそうあることが大事ですが、それをしっかり伝えて いける
組織体制が確立していること。
言葉だけでなく、具体的にどうすればそれを実現できるのかというノウハウ とスキル。

そうして誰かが無理をしてとか、皆が無理をしてとかでなく、誰もがそれぞれに 出来ることを
しっかりと頑張り、その力が集結することで、成果を上げていくことが 可能な仕組みを構築する。

まぁいうのは簡単なんですが、実現するにめちゃめちゃハードルが高い(^^ゞ

そして即効性がある試みや近道はなくて、軸がブレルことなくこれに向って、
それこそスモールステップで一歩ずつ進んでいくしかないんですよね(>_<)

そう思いはぁもにぃでも組織運営をしていこうとジタバタドタバタしながら、
取り組んでいます(先はまだまだ遠いですが(^^ゞ)