地域密着型映画「うまれる」上映会~うまれる・はじまる・つながる土気~

 

「否定される『生』は一つもなくて誰もが肯定されてうまれてきたんだ」
「自ら選びとった『生』をただ懸命に生きる」
そのことを体現してくれている障碍という困難な特性を引き受け、うまれて きてくれた
はぁもにぃの子ども達。
純粋で一生懸命な彼らと接する度に「うまれてきてくれてありがとう!」 そう伝えたくなります.

「うむ」「うまれる」「生きる」奇跡を誰もが感じ、お互いの生を認め合い、 喜び合い、
つながっていくことが出来たら・・・
その思いを「うまれる」そして「生きる」意味を彼らの過ごすこの街で、 地域で、
そこに暮らす皆さんと一緒に考えていくことができたら・・・
その先に私たちが願ってやまない「誰もがお互いを認め合い、 支え合えるコミュニティ、
誰にとっても優しく温かく過ごし易い街」が作られていくのではないか・・・

昨日開催された映画「うまれる」上映会~うまれる・つながる・はじまる土気~
主催:「発達及び知的障碍児・者を支援する会」特定非営利活動法人はぁもにぃ
共催:つながる街~とけcomリンク~
(上映会開催を機に発足した「笑顔はぐくむ土気を作る団体、個人のフラットな 集まり)

おかげさまでこの街に暮らす、この地域で過ごす、たくさんの方達が関わって くださり、
たくさんの方が足を運んでくださり、目指していた通りの「地域密着型 上映イベント」となりました(^^)

一人一人が色んな思いを持って会場に集られたことと 思いますが、この映画を通して
「うむ」「うまれる」「生きる」奇跡を誰もが感じられた のではと思います。

子ども達が小さい頃お世話になっていた地元小児科のN先生 (みんなが選ぶ全国の名医100人(小児科)
にも選ばれた、いつも 患者である子ども達に寄り添ってくださるすばらしい先生です)はご家族で 観に
来てくださり、こんなコメントを下さいました。

「中学校、高校・・・いや小学校でも子ども達にこの映画を観せたら、
自分の『生』『命』を大切に思うし、他者のこともそう思えるはず。
いじめだってなくなるんじゃないか。絶対に学校上映をすべきだよ。」

今回の上映会の収益の全ては、土気地区での学校上映開催のための寄付金 とさせて頂きたいと思います。

皆様本当にありがとうございました(#^.^#)